通常濡れるところは税金は払わない

間取りを造る時、庇を長くすると、2mより長い庇は面積に勘定する
これは、1mの庇までは、雨が吹き込めば濡れる為に、ものを置いておけば
おいてある物はいたむこともある。

されど、庇が2mもついたところだと、雨ではおいてあることは
いたまないので、これよりは通常の面積の勘定にいれることになる
つまり、税金の対象となることになる

中庭の住宅で、真ん中に庭をつくると
雨が吹き込むので、スノコなど引いて、友人知人で歓談パーティをしても
使えるが、雨がかかれば税金の対照ならないので税金は払わないことになる

お得感があるのかもしれない

大概、子供はご飯をたべるときボロボロこぼす
新築の家など、訪ねていくとピクニックのシートを引いてあるので
なんですかと訪ねると
新しい家で、子供がこぼすので対策だと言われたときにはビックリした

ならば、スポーツなどで活動して子供と大人が食事をするときなど
子供は中庭でわいわい

大人は室内でわいわいと、居間を拡張してできる

さらには、夏など小さい子供プールは
お昼寝には最高で、これも中庭で遊ばせておけば
室内から硝子窓こしに子供達の遊びは眼のなかにはいり
別なこともできる。

家も使い勝手が、格段にあがる。家の中の居間
家の外の居間と使うことを拡張するれば、
休みの遅い食事を半屋外できるなんて、ちょっと
リッチな使いかたは大人仕様かもしれない

大人仕様の中庭ハウスのホームページはこちら
[PR]
# by slowhouse_t | 2017-11-14 11:01 | 中庭住宅間取り | Comments(0)

木を中庭に植えると困るという字になる

「家相」や「ものみ」など興味がある方がいて
中庭住宅の真ん中に木を植える間取りを提案した事があった
木を囲うと困るという字に見えるので
どこからに梨の木を植えて、悪いことはナシになる

と話を聞いてきた方がいた。

落語のような話だが、自分では判断がつかずに
人に「いい家ですね」という言葉で自分が納得したいという
方は多いのかもしれない。

現場に通って、家族の話をきいて
作った間取りが、ただ10分での落語のような話の落ちに
数千円の代金を払ってきいてくるものだが・・

住まない人の話ばかりを頼りに設計をしても
理不尽なことが積み重なると、すみにくい家になる

できれば、間取りは住まい方からカタチつくると
自分の生活にあうはず

食べたことのない、食べ物を人に説明するのは
むずかしい
同じように、住まいを人に説明するのはむずかしいのかもしれない
まずは中庭住宅興味のある方は、見学してみるといいかもしれない


中庭住宅の見学はこちらからホームページ
[PR]
# by slowhouse_t | 2017-11-10 11:24 | 中庭住宅間取り | Comments(0)

家に愛着がある、だからその場所に住む

人生のステージで、50歳を過ぎてつくる家に平屋住まいがある
「そういっても広くないんだよと」

家の中で見渡すと、昔は使ったが今は使わないものが
たくさん収納されている

財産といえば財産だが、子供世代も使ってくれればいいが
生活のスタイルが違うこともあり
はななだむずかしい

新品であっても、例学なく、今使えないものは
始末してみると、家は小さくても住まわれることが気が付く




近所の二階建ての家を見ても
二階を使わず、雨戸を閉め切って、一階部分だけで
暮らしている人がどんなに多いか

一度、人生の棚おろしで整理をする・・収納するのでなく
一度、捨て去ることをすると、使って入る今の家も広くなる

新しい場所で住むことも、考えの一つにあるが
今住む場所は、地理も分かり、知人もしっている
その場所に住み続ける時に、一度リセットすること
を決意すると、新年には新しい家に変わっているかもしれない

リノベーションのホームページはこちら
[PR]
# by slowhouse_t | 2017-11-09 10:56 | 今まで住んでこれから30年 | Comments(0)

空はいつでも、ひとりじめ

長く住んでいると、回りの景色はかわる
隣も建て替え、二世帯住宅になれば、通常は二階か三階またはもっと上がるか

敷地の真上の空は、そんな時でも、真上の空はひとりじめ
かわることはない
a0191363_13312322.jpg
[PR]
# by slowhouse_t | 2017-09-11 13:31 | 今まで住んでこれから30年 | Comments(0)

今年は、ゴーヤとトマトも作ってみる

シニアと一緒に暮らすと
日常の生活で炬燵は座れないからやめて、食事は椅子にテーブル
湯飲みから取ってのある、カップでお茶を飲むとか・・
少しずつ変わることがある。

庭の段差もその一つで
靴脱ぎの石などで庭先にでることができたが
住宅の床差の高さは50センチもあり、靴脱ぎ石を
置いても、手摺りが欲しくなる
そんな場所を下りたり、上がったりができにくくなるが

中庭をスノコにして段差を少なくすると
庭でガーデニングがしやすく、日々収穫もできる
トマトやゴーヤは家族の話の話題だけでなく、食卓を賑わせる
ので、ぜひ二世帯、そうでなくて、小さいお子さんの家ではやってもらいたい

80歳を超える家人だが、自分で水やりができるので
トマトの収穫を楽しみにみている。

やはり、人は年を取る。シニアにやさしい家は長く使える家になる
平屋だと初めてから段差のバリアーフリーとなっている

a0191363_15535494.jpg
a0191363_1554194.jpg
640480


ホームページはこちら
√ 営業・活動エリア
静岡県内
西部地区
浜松市(北区・西区・中区・南区) 磐田市 掛川市 袋井市 湖西市 御前崎市 菊川市 森町 新居市 湖西市
中部地区 
静岡市 焼津市 岡部町 島田市 大井川町 吉田町 川根本町  藤枝市 袋井市 掛川市 御前崎市  
東部地区
芝川町 富士市 富士宮市 裾野市 沼津市 三島市 伊豆の国市 伊豆市 下田市
山梨県内
甲府市・勝沼市・韮崎市・中富市・南部市・上九一色市・河口湖・山中市
[PR]
# by slowhouse_t | 2017-05-30 15:55 | Comments(0)